2015年5月26日 by admin

ちょっとした工夫で最小限の風評被害対策で済む!

風評被害が起こってもあわてるな!

風評被害が起こっても、まずはあわてないことが重要です。風評被害が起きたときは、ちょっとした情報の違いがもとで大きな被害になっていますことがあります。そのため、あわてずに被害状況をきちんと確認したうえで対策を行うことが一番です。あわてたことによって間違った情報が伝わってしまうと余計に被害が拡大します。それに対して対策を行おうとするときは、逆に手遅れになっていることが多いので、最新の注意が必要となってきます。

メディアでの風評被害の場合

メディアと呼ばれる、新聞や報道などでの風評被害の場合は、スピードが速く止めることはまず、不可能です。また、人の目につくことが多いために被害の対策も大変となってきます。このケースの場合は、まずは常用をきちんと把握して対策を練ることが重要です。そして身長に動いて正確な情報を、メディアを利用して情報を発信するのが一番で、ことわざでいう「目には目を、歯には歯を」です。スピードで来た者に対してはスピードで返すことによって被害の拡大を防げます。

どんな時も正しい情報が決めて

風評被害対策でもっとも重要なのは、どのような手段を使う時も、正確な情報を把握することが最終的な、対策方法となります。正確な情報を発信することによって、周りに認知され収まっていきます。どのようなケースも広がりは非常に速いですが、終息するには時間がかかります。少しでも早く終息させる場合には、メディアを利用するのが一番です。時間のかかる方法は、問い合わせに対して一軒一軒対応する方法は、非常に労力を要し、時間もかかります。

ネット上では情報の拡散は早いので問題が発生した場合には早期に風評被害対策をすることで被害を防げます。