2015年5月26日 by admin

会社員は研修を最大限活用することでレベルアップできる

ビジネス研修や管理者研修でレベルアップ

ビジネスパーソンにとって社内で行われる集合研修ははっきり言って面倒なものだと感じている人も多いかもしれません。しかしこの研修を自分のレベルアップに活かすという心構えで受けるのか、適当に休憩時間だと思って受講するのかではその差はずいぶん変わってくるはずです。どうせ受ける必要があるのならば、積極的に活用しない手はないでしょう。全職能に共通したビジネス研修や管理職研修を積極的な姿勢で受講することで自分のレベルアップに繋げられるでしょう。

業務に直結した社内研修でレベルアップ

社内研修のメニューには、業務に直結した内容のものもあるかもしれません。ある程度の規模の会社になると、自分の仕事に必要な特定の法律や業界のトレンド等の研修が職能ごとに行われることもあるでしょう。場合によっては休日のでの自由参加の場合もあり得ます。しかし、これを積極的に活用することによって、社内の他の社員と差をつけることができるかもしれません。さらに、仕事に直結した研修を受けることで自分の業務レベルをアップさせることにも繋がるでしょう。

積極的に社外の研修に参加してレベルアップ

研修受講はなにも社内のものだけに限定する必要はありません。自分から求めることによって、外部で行われている研修を見つけることは可能です。会社が業務に関することを研修で扱ってくれないケースは多いでしょうが、だからといって、実務だけをしているだけでは能力を伸ばすには限界があります。そういったことを打破するために、自ら進んで外部の研修を受けてみるのです。その姿勢自体が自分を成長させることに繋がるでしょうし、外部研修に参加をすることで人脈を広げるチャンスが生まれる可能性もあります。

社員研修はプロフェッショナルな講師に外注できますから従業員教育をしっかり行いたいなら外注してみるとよいでしょう。